間取りが決まらないのは、こだわりや要望が多すぎるのが原因?

けんけん
こんにちは!けんけんです。
本日はわが家の間取り図(2世帯)がほぼ完成しましたので、
間取りがなかなか決まらない方向けに、
私の間取りに対する考え方をお伝えしたと思います。

 

わが家の間取り打合せ回数は、手書き図面のたたき台とそれに対しての要望をまとめて、再度修正された図面。
つまり2回でほぼ決定しました。

 

私も私の奥さんも、同居するお義父さん、お義母さんも不動産・建築関係職です。

 

「だったら、早く決まるでしょ」そう思った方。
そうでもないんです!
私の周りにも建築関係職ではあるものの、マイホームの打合せが長い人も非常に多いんです。

 

そんな間取りが中々決まらない方に少しでも役立つ考え方を3つのポイントでまとめてみました。

 

  • マイホームの間取りが中々決まらない。
  • これから間取りの打合せが始まる。
  • 将来的に注文住宅を検討している。

設計士の意見をしっかり聞いてみよう

 

間取りの打合せではまりがちな罠があります。
それは、自分の考えを主張しすぎるというものです。

 

自分の胸によく手を当てて考えてみて下さい。
設計士と自分。
間取りを考えた累計時間、経験どちらの方が上回っているでしょうか?

 

答えはお伝えしなくても分かると思います。

そう。設計士です。

自分であーでもない、こーでもないと考えすぎても上手くいかないことの方が多いんです。

 

それよりも自分や家族の要望やイメージをしっかりまとめて、設計士に伝えて形にしてもらう方が圧倒的に効率的です。

 

そこで仕上がった叩き台の図面に関して、設計士さんの意見を聞いてみて下さい。
新しい発見や、自分が考えもしなかったアイディアに出会えると思います。

 

私もかなりの件数の住宅やマンションの間取りを見てきましたが、
今でも設計士のアイディアには脱帽することが良くあります。

 

最初から自分の意見ばかりぶつけるのではなく、
プロである設計士さんの意見をしっかりと聞くことによって、
効率よく打合せが進めていけるようになると思います。

 

こだわりや要望が多すぎてオーバーヒート

 

やりたいことやこだわりが沢山ある。

こんな方は要注意です。

 

建物の面積も無限ではないはずです。
その有限の箱の中にこれでもかとこだわりや要望を入れ込もうとしている人を良く見ます。

 

物理的に入らないものを無理に入れたとして、良かったに繋がるでしょうか?

私はそうは思いません。

土地の広さや建物の広さをしっかりと考慮して適切なバランスで要望を満たしていく。

 

無理な場合はしっかりと考えて取捨選択をする。

 

その繰り返しに時間を使うほうが、入らないものを無理に入れようとするよりも、
よっぽど効率的で満足度は高くなるでしょう。

 

無理な120%よりも、ゆとりある80%の方が住宅は満足度が高くなります。

 

そもそも詰め込みすぎていることに気付いていない可能性もありますので、そんな時は最初にお話しした、「設計士の意見を聞く」と言うことを思い出してください。

 

ちなみに、建物の大きい、小さいに満足度は比例しません。
大きさや部屋数によって、考慮しなければいけないポイントが変わりますので、
そういった点も設計士はしっかりと把握しているはずです。

 

重要なポイントを順位付けしよう

 

先程のこだわりや要望に繋がる内容ですが、
自分や家族の間取りに対するこだわりや要望をまとめたら、
順位付けをしましょう。

 

これは頭で考えるだけだと良くありません。

ノートや紙、スマホのメモでもよいので文字に書き起こしておくことが重要です。

記憶はすぐになくなってしまいますし、
書き起こしてみて初めて内容が整理できるようになります。

 

順位を付けておくことでどんなメリットがあるかと言うと、こだわりや要望を詰め込みすぎている場合に取捨選択ができるようになります。

 

順位をあらかじめ決めていれば、
優先順位の低いものから削っていけばよいです。

削った内容は別の場所、
例えば外構計画(建物ではなく、庭や敷地全体の計画)などで対応できる場合もあります。

 

また、書き起こさない場合に起こりがちな現象があります。

最初に重要視していたポイントにも関わらず、
打合せが進めば進むほど、重要度がおろそかになってくるという現象です。

この重要度のすり替え現象も、自分たちにとって
重要なポイントを書き起こしておくことで、防ぐことができます。

 

最後に

 

あまり意識するポイントが多くなってしまっても良くないと思いますので、
間取りが中々決まらない方は、
ご説明した上記の3ポイントを意識して、間取りの打合せに参加してみて下さい。

 

おまけで、自宅の手書き図面の画像でも載せておきます。
間取りをまるまるお見せすることは出来ませんが、雰囲気だけでもお楽しみください。

 

 

では本日はこの辺りで。

 

けんけん

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 


ブログランキング参加中です↓↓

人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

少しでも良かったよ!
と思ってもらえましたら、クリックで応援宜しくお願い致します🙇‍♂️